印刷

ページID:6781

更新日:2024年2月15日

ここから本文です。

市民カメラマンレポート令和4年11月号-3【皆既月食と惑星(天王星)食がありました】ほか

皆既月食と惑星(天王星)食がありました

11月8日(火曜日)に皆既月食がありました。惑星食の天王星食も同時に見られるという大変珍しい天体ショーでした。
撮影地の三保海岸では、月の出は薄雲の中にぼんやり出始めて、やっと月を認識できました。17時45分頃から月の左下が次第に薄暗くなり月食がスタートしました。皆既直前に雲にさえぎられる場面もありましたが、皆既月食を無事確認できました。
さらに、雲の間から天王星食もカメラ越しながら確認できました。まさに超感動ものでした。もっとも天王星食は肉眼では確認できず、モニターに映してようやく確認できました。
日本で皆既食中に「惑星食」が起こるのは、安土桃山時代の1580年の土星食以来約442年ぶりで、日本で次に皆既食中に惑星食が起こるのは、322年後の2344年の土星食だそうです。多くの人が見られて良かったですね。(最後の写真が天王星食で、左下に小さく天王星が確認できます)

令和4年度市民カメラマン 望月 敏秀

清水の海にぼんやりと浮かび上がる月 半分ほど欠けた月

真っ赤な月 小さく天王星食が見える

清水港マグロまつり

清水港マグロまつりの会場となったJR清水駅東口には近隣県の出店ブースもあり、にぎわいをみせていました。
また清水魚市場では、子どもたちの体験コーナーや冷凍マグロのカマ詰め放題、冷凍マグロの吊(つ)り上げなどもありました。親子で力を合わせてロープを引き、笑顔があふれていました。(11月12日撮影)

令和4年度市民カメラマン 大滝 和男

冷凍マグロを眺める親子 冷凍マグロのカマ詰め放題

兄弟で力を合わせて冷凍マグロを吊り上げている 学生によるライブステージ

清水港マグロまつり マグロ解体ショー

清水港マグロまつりでは、マグロ解体ショーが毎回行われます。今回のメバチマグロは、重さ約60kgと案内がありました。
マグロの解体だと刀のような刃物を想像していましたが、なんと刃渡り約20cmくらいの牛刀を使っていました。
頭を落としカマを取り、その後あっという間に3枚にさばいていました。さすがプロの腕前、感服です。(11月12日撮影)

令和4年度市民カメラマン 大滝 和男

これからマグロの解体ショーが始まる しっぽを切り落とし、体を縦半分に割っている

迫力のある解体ショー 解体されたマグロ

お問い合わせ

総務局市長公室広報課広報紙係

葵区追手町5-1 静岡庁舎新館10階

電話番号:054-221-1021

ファックス番号:054-221-1487

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

こちらの記事も読まれています。

静岡市トップページ > 市政情報 > 広報・広聴・シティプロモーション > 広報紙・静岡市の広報 > 市民カメラマンレポート > 令和4年度 > 市民カメラマンレポート令和4年11月号-3【皆既月食と惑星(天王星)食がありました】ほか