印刷

ページID:6792

更新日:2024年2月15日

ここから本文です。

市民カメラマンレポート令和5年3月号-1【3年ぶりに外国客船が寄港しました】

3年ぶりに外国客船が寄港しました

3月1日(水曜日)午前8時頃、清水港日の出ふ頭に、サイパンからドイツの客船「アマデア」が入港しました。この日から日本での外国客船の寄港が再開され、清水港がその先陣を切って受け入れたものです。
この船は以前「飛鳥」という名前で運航されていた船で、ドイツやスイス、オーストリアからの乗船客523名が乗っていました。久しぶりに行われた歓迎セレモニーのあと、バス13台で三保松原、日本平、久能山東照宮をはじめ富士宮の浅間大社や白糸の滝へのツアーに出かけました。乗船客はどこに行っても笑顔が絶えず、日の出ふ頭でも一日中笑顔や歓声が絶えない友好ムードに包まれていました。
午後8時の出港時には、市民らの見送りのなか乗船客からの歓声が飛び交い、打上げ花火でさらに華やかなムードに包まれ、別れを惜しみつつ東京国際クルーズターミナルへ向かいました。
今年は過去最多の70隻程度の寄港が見込まれ、清水港はかつてないにぎやかなシーズンを迎えます。ぜひ機会があれば日の出ふ頭にお越しください。入港予定の詳細は、清水港客船誘致委員会のHPをご覧ください。

令和4年度市民カメラマン 望月 敏秀

航海するアマデアと富士山 花束を抱えて記念撮影するシズラと関係者

日本平夢テラスからの富士山の眺めを楽しむ乗船客 出港時に打ち上げられた花火

お問い合わせ

総務局市長公室広報課広報紙係

葵区追手町5-1 静岡庁舎新館10階

電話番号:054-221-1021

ファックス番号:054-221-1487

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

こちらの記事も読まれています。

静岡市トップページ > 市政情報 > 広報・広聴・シティプロモーション > 広報紙・静岡市の広報 > 市民カメラマンレポート > 令和4年度 > 市民カメラマンレポート令和5年3月号-1【3年ぶりに外国客船が寄港しました】