妊娠高血圧症候群等療養援護費支給事業 印刷用ページ

最終更新日:
2021年12月16日
 妊産婦が妊娠高血圧症候群等の病気にかかり7日以上の入院をした場合、その入院期間に応じて療養援護費を支給します。

対象者

 次の(1)~(7)の全てに該当する方が対象になります。
 (1) 静岡市内に住所を有する方
 (2) 健康保険に加入している方(生活保護受給の方は対象になりません。)
 (3) 妊娠中又は出産後10日以内の妊産婦の方
 (4) 妊娠健診の結果により地域の保健福祉センターの職員の訪問指導を受けた方
 (5)(4)の指導を受けたのち、次のいずれかの病気の為に7日以上の入院をした方
     ◎妊娠高血圧症候群
     ◎妊娠又は出産を起因とする糖尿病
     ◎妊娠又は出産を起因とする貧血
     ◎妊娠又は出産を起因とする産科出血
     ◎妊娠又は出産を起因とする心疾患
 (6) 児童福祉法(昭和22年法律第164号)第22条の規定による助産施設への入所措置を受けなかった方
 (7) 妊産婦が属する世帯の前年分の所得税額の合計が15,000円未満である方
  ※住民票が妊産婦と同一ではない扶養者(別居の配偶者等)がいた場合、その扶養者の所得税額も合算
   します。

申請の期限

 支給申請書は、退院日から90日以内(入院期間が21日を超える場合は、入院した日から21日を経過した日の翌日から数えて90日以内)に提出して下さい。

療養費支給額等

 
世帯の区分 基準額 加算基準額
(入院期間が7日
を超えた場合の1日
当たりの加算額)
特別加算額
(入院中に手術療法を
受けた場合の加算額)
*開腹
特別加算額
(入院中に手術療法を
受けた場合の加算額)
​*分娩誘発
市民税非課税世帯 7,300円 1,000円 8,700円 3,000円
所得税非課税世帯 6,400円 900円 8,700円 3,000円
所得税額が15,000円以下
である世帯
5,500円 800円 8,700円 3,000円

※加算基準額の加算は、21日分までです。
 例:入院期間が29日間以上だった場合でも、基準額+加算基準額21日分(計28日分)の支給が限度となります。

提出書類

(1)妊娠高血圧症候群等療養援護費支給申請書(様式第1号)
(2)妊娠高血圧症候群等療養証明書(様式第2号)
(3)世帯調書(様式第3号)
(4)世帯員の所得税の額を証明する書類(市町村民税が非課税世帯の場合は、市町村民税課税(所得)証明書
  など、世帯ごとに異なります。下記までお問い合わせください。)
(5)母子健康手帳
(6)妊産婦の健康保険証
(7)そのほか、市長が必要と認める書類

お問い合わせ先

 申請を希望する場合、事前に下記までお問い合わせください。
(1)葵区・駿河区にお住まいの方
   静岡市保健所 保健予防課 難病支援係
   静岡市葵区城東町24-1 保健所棟2階
   TEL 054-249-3177
 
(2)清水区にお住まいの方
   静岡市保健所 保健所清水支所 保健予防係
   静岡市清水区旭町6-8 静岡市役所清水庁舎(清水区役所)2階
   TEL 054-354-2153

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

保健福祉長寿局 保健所 保健予防課 難病支援係

所在地:葵区城東町24-1 城東保健福祉エリア 保健所棟2階

電話:054-249-3177

ファクス:054-249-3153

お問い合わせフォーム