市民カメラマンレポート令和5年1月号-1【四季の色ライトアップ】ほか 印刷用ページ

最終更新日:
2023年1月24日

四季の色ライトアップ

 昨年末から駿府城公園の巽櫓と東御門、石垣を照らすライトアップがリニューアルしました。これは静岡市への集客の一環として行われているもので、今後は春夏秋冬の季節に応じた特別プログラムも実施されます。
 今日の特別演出では、BGMに合わせて基本の白色をはじめとした7色に次々と照らされ、幻想的な光景を見せてくれました。(12/25撮影)

 令和4年度市民カメラマン 田中 浩

夕暮れ時に巽櫓が鮮やかな緑色に染められている
赤くライトアップされた巽櫓
黄色くライトアップされた巽櫓を歴史博物館から撮影した写真
深い青色に染められた巽櫓

お太鼓祭り

 由比町屋原地区では正月恒例の「お太鼓祭り」が、元日に3年ぶりに開催されました。例年元旦から3日未明にかけて豊積(とよづみ)神社で開催されますが、感染症等の影響もあり、今年は元日のみに規模を縮小して開催されました。
 昼過ぎに豊積神社の拝殿に集合し、威勢よく太鼓をたたきながら地区内の旧東海道を練り歩きます。老若男女問わず太鼓たたきに加わり、子どもたちも三連太鼓などを披露し、喝采を浴びていました。その後、神社境内で送り太鼓を行い終了となりました。
 西暦797年、征夷大将軍・坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)が蝦夷討伐の途中、豊積神社に戦勝祈願し、都へ戻る途中で戦勝報告に立ち寄ったとき、村人たちが3日間夜通し太鼓を打ち鳴らし、村中を練り歩いて祝ったのが起源とされており、静岡県の無形民俗文化財に指定されています。

 令和4年度市民カメラマン 望月 敏秀
おばあさんが太鼓を鳴らし、町の人々が見つめている
太鼓を打ち鳴らしながら練りあるく町の人々
子どもたちが三連太鼓を披露している
有終の美を飾った送り太鼓

高部地区 二十歳のつどい

 清水区高部地区の成人を祝う二十歳のつどいが、清水テルサ(清水区島崎町)で開催されました。
 式典にはスーツ姿や晴れ着姿の男女、約70名ほどが参加しました。
 また、参加者の恩師なども参加し、教え子との会話に笑顔がこぼれていました。(1/8撮影)

 令和4年度市民カメラマン 大滝 和男
晴れ着姿の三人の女性
参加者たちの集合写真
スピーチをする20歳の女性
笑顔でピースをする晴れ着姿の女性たち

寒ざくらが咲きはじめる

 新年を迎えた駿府城公園では、早くも寒ざくらが咲きはじめました。(1/9撮影)

 令和4年度市民カメラマン 田中 浩
鮮やかなピンク色の寒桜
開いた花弁と蕾がならんでいる
全体の6割ほどが花開いている
駿府城公園の眺め

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

市長公室 広報課 広報紙係

所在地:静岡庁舎新館10階

電話:054-221-1021

ファクス:054-221-1487

お問い合わせフォーム