布団の訪問販売にご注意ください 印刷用ページ

最終更新日:
2019年9月19日
     ~相談事例~

  「布団を見せて」といって業者が訪問し、断りきれず見せた。
  すると、「この布団は、かびているから駄目、捨てるように。」と言って、
  使っている布団を持っていってしまった。
  業者が持って来た布団を代わりに置いていき、高額な金額を請求された。


**********************************


・この手口では、特に高齢の女性が狙われています。
・見知らぬ人が訪問した際には、不用意にドアは開けず、名前・要件を確か
 めて玄関越しで対応するようにしましょう。
・契約する際は、他の事業者から見積りを取るなど慎重に検討しましょう。
・高齢者の被害防止には、家族や周りの人による目配り・気配りが必要です。
・ケースによっては、クーリング・オフできる場合があります。困った時は、
 あきらめずに消費生活センターにご相談ください。

 詳しくはこちら↓
 布団の訪問販売にご注意ください(チラシ・PDF)

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

市民局 生活安心安全課 消費生活センター

所在地:静岡庁舎新館1階

電話:054-221-1054

ファクス:054-221-1291

お問い合わせフォーム