令和4年度農地利用効率化等支援交付金について 印刷用ページ

最終更新日:
2022年4月18日
現在、本事業の要望調査を行っております。
本事業の活用を希望される場合は、書類提出前に農業政策課へご相談ください。
要望調査期限:令和4年4月18日(月)~令和4年4月28日(木)

事業の概要

 人・農地プランに位置付けられた経営体等が、地域が目指すべき将来の集約化に 重点を置いた農地利用の姿の実現に向けて、生産の効率化に取り組む等の場合、必 要な農業用機械・施設の導入を支援します。(農林水産省交付金)

 当事業は、国及び県の予算枠内で実施されるほか、申請者が今後行う取組をポイント制にすることで、採択の優先順位が決定します。必ずしも事業が採択されるとは限らないことにご留意ください。

事業実施地区

【地区(1)】 適切な人・農地プランが作成されている地域
産地プラン(自然薯)  ⇒  新間、谷津、大原、牧ケ谷、飯間地区
産地プラン(茶)    ⇒  大河内北地区
同種取り決め      ⇒  東豊田(池田)、東豊田(国吉田)地区
産地プラン(JAしみず石垣苺枝豆運営委員会)  ⇒  駒越地区
産地プラン(JAしみず丸清温室部会)  ⇒  三保、折戸地区
土地改良事業実施地区   ⇒  吉原、原、新丹谷、二本松、尾羽、加瀬沢、池ノ沢、矢部、
                     由比西山寺阿僧、蒲原地区

【地図(2)】それ以外の地域

助成対象者

【地区(1)】
(ア)地域における継続的な農地利用を図る者として市が認める者
 (10年後の農業経営の継続意向が明確になっていることを書面で証する者)
(イ)中心経営体である、認定農業者、認定就農者又は一定の集落営農組織

【地区(2)】
(ウ)農地中間管理機構から貸借権等の設定を受けた者

助成対象となる事業内容について

●補助率および配分上限額
3/10以内(次の(ア)から(ウ)までのうち最も低い額)
(ア)助成対象経費に10分の3を乗じた額
(イ)助成対象経費のうち融資額
(ウ)助成対象経費から融資額及び地方公共団体などによる助成額を控除して得た額

●事業内容の主な要件
・単年度(令和4年度)中に完了すること
・事業費が整備内容ごとに50万円以上であること
・事業の対象となる機械等は、新品の法定耐用年数がおおむね5年以上20年以下のものであること
・運搬用トラック、パソコン、倉庫等、農業経営の用途以外の用途に容易に供されるような汎用性の高いものでないこと
・成果目標の達成に資するものであること
・経営発展につながる取組であること(既存機器の更新(単純更新)は対象となりません)
・園芸施設共済、農機具共済、民間事業者が提供する保険加入等、気象災害等による被災に備えた措置がされるものであること

関連情報

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ (新規ウィンドウ表示)

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

経済局 農林水産部 農業政策課 みかん・園芸・畜産係

所在地:清水庁舎6階

電話:054-354-2091

ファクス:054-354-2482

お問い合わせフォーム