「静岡市中小企業・小規模企業振興条例」を制定、施行しました。 印刷用ページ

最終更新日:
2019年11月6日
【条例制度の必要性】
●静岡市の企業数の99.7%は中小企業・小規模企業が占めており、市民の皆さんの雇用や市内の産業を支える重要な存在です。また、市内外の事業所を支えるサプライヤー※1として、まちくづりや地域社会への貢献の面でも重要な役割を担っています。
●このように地域を支える中小企業・小規模企業ですが、AIやIoT※2等の技術革新の進展や、社会経済状況の変化、または人手不足等、現在大きな変化や課題に直面しています。
●このような様々な環境変化や課題を乗り越え、中小企業・小規模企業が将来にわたり、継続的に発展し、市内で事業活動を継続していくためには、市民の皆様をはじめ、様々な関係者が一体となって「オール静岡市」による中小企業・小規模企業の振興をはかることが必要です。
●そのため、本市では「静岡市中小企業・小規模企業振興条例」を制定し、平成31年4月1日に施行しました。
※1 サプライヤー:物品や商品を供給する人や企業のこと。
※2 AIやIoT:AIは人工知能のことを、IoTは「Internet of Things」の略語で、家電等のあらゆるものがインター
   ネットとつながる仕組みや技術を指す。

静岡市中小企業・小規模企業振興条例について

条例の概要

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ (新規ウィンドウ表示)

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

経済局 商工部 産業政策課 企画係

所在地:清水庁舎5階

電話:054-354-2185

ファクス:054-354-2132

お問い合わせフォーム