新規営業許可取得の手続き 印刷用ページ

最終更新日:
2023年12月13日

営業許可について

飲食店を営業しようとする人や、お菓子などの食品を製造して販売しようとする人は、営業許可が必要です。
また、食品を取り扱う営業は、許可は不要な業種であっても、原則として、営業届出が必要です。
露店やキッチンカーについては、取り扱いが少し異なりますので、こちらをご覧ください。

 
   【たべしず動画はこちら

営業許可取得までの流れ

事前相談

図面の段階でご相談ください。
●施設所在地を管轄する窓口に、店舗(施設)の図面を持って事前にご相談ください。
   葵区・駿河区の施設 ⇒ 静岡市保健所 食品衛生課へ(葵区城東町24番1号)
         清水区の施設   ⇒  保健所清水支所へ(清水区旭町6番8号 清水区役所2階)
●施設が基準に合わない場合は、手直しが必要となる場合があります。なるべく、設計段階でご相談ください。
●業種別の設備基準はこちら(静岡県ホームページ)

 図面の書き方 
       【たべしず動画はこちら】          【たべしず動画はこちら

申請準備

●「申請に必要な書類」をご用意ください。
●水質検査(水道水以外を使用する場合)は、事前に検査機関で実施してください。
●令和5年12月13日から、事業譲渡を行った場合に、譲受人は新たに営業許可を取得することなく、届け出により営業者の地位を承継できるようになりました。詳しくは、保健所へお問い合わせください。
 関連ページはこちら

<申請に必要な書類等>
営業許可申請書 記載例を参考に、必要事項を記入してください。
図面 記載例を参考に、以下の図面を提出してください。
・店舗全体の様子と調理に関わる設備の配置が分かる平面図
  平面図の記載例はこちら(もう少し簡略化したものでも可)
・店舗の案内図
申請手数料 業種ごとに必要な手数料(現金)をご用意ください。
※令和3年6月の法改正により、従前から営業している施設であっても、法改正後、初めて許可期限満了を迎える施設は、すべて「新規」の施設として取り扱われます。

<必要に応じて用意する書類等>
水質検査成績書(26項目) 水道水ではない水(井水等)を使用する場合、検査成績書の写しを提出してください。
誓約書 食品衛生責任者の要件となる資格(調理師、製菓衛生師、養成講習会修了者等)を未取得の場合、別紙誓約書を提出してください。

<確認のために用意をお願いしたい書類等>
登記簿謄本 申請者が法人の場合の場合に必要。画像又はコピーで構いませんので、概ね6か月以内のものをご用意ください。
登記簿の取得は法務局へ。
食品衛生責任者の資格を証明する書類 調理師や製菓衛生師の免許証、又は養成講習会終了証など。
画像又はコピーでも構いません。

 
       【たべしず動画はこちら

許可申請手続き(必要書類の提出と手数料の支払い)

●営業開始予定日の10日前までにご持参ください。
●書類審査で不備がなければ、申請手数料とともに申請書類を提出していただきます。
●申請時に施設の現地調査の日を決定します。(祝日を除く毎週火曜・金曜の午後)

店舗検査(火・金曜の午後)

●施設が基準に適合しているか確認します。
●施設が提出された図面と異なっていたり、基準に適合していなかった場合は、改善していただき、再度検査を行います。
●施設の改善がなされず、基準に適合しない場合は不許可となる場合があります。

営業許可証交付

●現地調査の際に許可証交付日をお知らせします。営業許可証交付証を持参して窓口にお越しください。

営業の開始

HACCPに沿った衛生管理を実施し、記録を保管してください。
食品衛生責任者は、フォローアップのための講習会(実務講習会)を定期的に受講し、新たな知見の習得に努めてください。
 
       【たべしず動画はこちら

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

保健福祉長寿局 保健所 食品衛生課 営業指導係

所在地:葵区城東町24-1 城東保健福祉エリア 保健所棟2階

電話:054-249-3161

ファックス:054-209-0541

お問い合わせフォーム