印刷

ページID:3340

更新日:2024年6月5日

ここから本文です。

任意予防接種(帯状疱疹予防接種・おたふくかぜ予防接種など)

帯状疱疹予防接種、おたふくかぜ予防接種

令和6年10月1日(火曜日)から、接種日時点で50歳以上の市民の方を対象に、帯状疱疹不活化ワクチン接種の助成制度を開始する予定です。

詳しくは、帯状疱疹ワクチンの助成(案)をご覧ください。

現在、おたふくかぜ予防接種は法令に基づく定期予防接種ではなく、任意予防接種として実施されており、費用助成を行っておりません。
任意予防接種の接種費用は医療機関ごとに定められており、全額自己負担となります。

予防接種は、国の専門部会において、定期予防接種化に向けワクチンの安全性や有効性、費用対効果などに関する検討が慎重に進められています。

静岡市は、今後も国の動向を注視し、これらの予防接種が法令に基づく定期予防接種とされた時点で、費用助成を行っていきます。

静岡市の任意予防接種に対する考え方

静岡市は、任意の予防接種については、以下の理由により定期予防接種化により対応すべきと考え、慎重な姿勢をとっています。

  • ワクチンの有効性と安全性が確保されていること
  • 充分なワクチンの供給体制があること
  • 地域差が生じないこと
  • 健康被害が生じた場合の救済制度が十分であること
  • 接種については、様々な考え方があること

お問い合わせ

保健福祉長寿局保健衛生医療部保健所感染症対策課予防接種係

葵区城東町24-1 城東保健福祉エリア 保健所棟2階

電話番号:054-249-3173

ファックス番号:054-249-3153

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

静岡市トップページ > 健康・医療・福祉 > 医療 > 予防接種 > 任意予防接種(帯状疱疹予防接種・おたふくかぜ予防接種など)